DIALOGUES展 ~ダブルスx3連続国際展~ 第2回展「かわのまち」ジョン・ササキx森田浩彰

150116_dialogesLiL002

日本橋の下には、日本橋川(一級河川)が流れています。江戸幕府の開幕とともに整備された河川は、水運として頻繁に商船が行き交っていました。それらの船は商品だけではなく文化や富をこの地にもたらしたのです。その後、大きな震災や戦災を経て街の変化とともに川の様子も変わってきました。
今回は、アーティストが共同で水中ドローンを実施。水中や川底に歴史の異物が見つかるでしょうか。

The city of Edo was evolved and known as “river town”.  There are Nihonbashi River and Kamejima River in Nihombashi area, and there are many disappeared rivers such as Sakura River and Shinkawa (river).  Soon after the establishment of the EdoShogunate, the rivers were maintained and used as water transportation where many merchant ships were going by.  Those ships played important role to bring not only the merchandise but also culture and wealth to the area.
Having gone through the traumatic disasters such as earthquake and WWII, the rivers much changed as well as the city.
In the exhibition, two artists will collaborate to search the river and to shoot documentary videos cruising underwater by the self-controlled camera. See what happens……find something historical objects, so on ?


 
 

1973年に日系3世としてカナダ・トロントに生まれ、拠点として活動をしています。
ジョン・ササキは、コンセプチュアルに基づいたパフォーマンス、ヴィデオ、オブジェ、インスタレーションなど多種多様なメディアを駆使した作品を制作してきました。また、シニカルでユーモアのあるパフォーマンスに基づいたヴィデオ作品で知られていて、現代社会の矛盾や価値観のずれを巧妙に作品にしています。「遠足プロジェクト」(2012-)において、ランドセル作品を制作し、2013年に初来日して「神山いいね!」(AAN主催)というワークショップのファシリテーターを務めた。

 

150116_dialogesP2jt_


 
 

1973年福井県生まれ。2002年ロンドン大学ゴールドスミスカレッジMAファインアート修了。現職は、跡見学園女子大学/東京造形大学兼任講師。見慣れた日常生活にあるありふれた日用品をアートと掛け合わせて触発していく。モノそのものを視覚表現として展示していく。コンセプチュアルを基盤とするメディア作品をミニマルに表現している。近年は「日常の喜び」水戸芸術館(茨城、2008)、「この世界とのつながりかた」ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀、2009)でグループ展に参加。個展では「Clockwise」青山|目黒 (東京、2008)、「Local Earthquake」Kabegiwa(東京、2009)などがある。

 

150116_dialogesP2m01


 
 

DIALOGUES展 – 第2回展「かわのまち」
ジョン・ササキ(カナダ・トロント)× 森田浩彰(東京)
2015年2月6日(金) – 2月21日(土) 11:00 – 18:00
定休日|日曜日・月曜日・火曜日 (週休3日間)
オープニングレセプション|2月6日(金) 18:00 – 20:00
クロス・トーク|2月7日(土) 16:00 – 18:00
会場|NICA: Nihonbshi Institute of Contemporary Arts

 

DIALOGUES 2nd “River Town” (Kawa no Machi)
6th Feb – 21st Feb 2015
Jon Sasaki (Toronto) x Hiroaki Morita (Tokyo)

Visiting Hours|Tuesday to Saturday, 11:00 – 18:00
Opening Reception|6th February 2015, 18:00 – 20:00
Crosstalk|7th February 2015, 16:00-18:00
Venue|NICA: Nihonbshi Institute of Contemporary Arts


 
 

Authors

Related posts

Top