DIALOGUES展 ~ダブルスx3連続国際展~

150116_dialogesLiLtbm1

国際現代美術展「DIALOGUES (対話)」は、国内外アーティスト6名による連続3期をふたり展とすることで、お互いのアイデアやスキルを活かしながら従来の作品とは異なる創造的領域を創出し、世界発信に向けたアートシーンを築いていきます。そのなかでは、いくつか新しい試みをしています。

 

―新しく出合った海外と日本のアーティストがダブルスを組んで展覧会を開催します。
―相互コミュニケーションを大切にした作品づくりを行います。
―アーティストの視点で考える「日本橋」がアート作品になります。
―いろんな人が関わることでひとつの展覧会になります。

 


 

 

第1回展「ひかりのまち」
2015年1月16日(金) – 1月31日(土)

シャーロット・マクグワン=グリフィン(ロンドン / ベルリン)
栗山斉(茨城)

時間|11:00 – 18:00
定休日|日曜日・月曜日・火曜日
オープニングレセプション|1月16日(金) 18:00 – 20:00
クロス・トーク|1月17日(土) 16:00 – 18:00

DIALOGUES 1st
16th Jan – 31st Jan 2015
Charlotte McGowan­Griffin(London/Berlin)
Hitoshi Kuriyama(Ibaraki)
Visiting Hours|Tuesday to Saturday, 11:00 – 18:00
Opening Reception|16th January 2015, 18:00 – 20:00
Crosstalk|17th January 2015, 16:00-18:00

第2回展「かわのまち」
2015年2月6日(金) – 2月21日(土)

ジョン・ササキ(カナダ・トロント)
森田浩彰(東京)
時間|11:00 – 18:00
定休日|日曜日・月曜日・火曜日
オープニングレセプション|2月6日(金) 18:00 – 20:00
クロス・トーク|2月7日(土) 16:00 – 18:00
DIALOGUES 2nd
6th Feb – 21st Feb 2015
Jon Sasaki(Tronto, Canada)
Hiroaki Morita(Tokyo)
Visiting Hours|Tuesday to Saturday, 11:00 – 18:00
Opening Reception|6th February 2015, 18:00 – 20:00
Crosstalk|7th February 2015, 16:00 – 18:00

第3回展「はしのまち」
2015年2月27日(金) – 3月14日(土)

サム・ストッカー(イギリス / 東京)
近藤恵介(東京)
時間|11:00 – 18:00
定休日|日曜日・月曜日・火曜日
オープニングレセプション|2月27日(金) 18:00 – 20:00
スペシャル・イベント「はしを探るアートのはなし」
クロス・トーク|2月28日(土) 16:00 – 18:00
日本橋ウォーキング|2月28日(土) 14:30 – 16:00
クロージング・パーティ|3月14日(土) 18:00 – 20:00

 

DIALOGUES 3rd
27th Feb – 14st Mar 2015
Sam Stocker(United Kingdom/Tokyo)
Keisuke Kondo(Tokyo)
Visiting Hours|Tuesday to Saturday, 11:00 – 18:00
Opening Reception|27th February 2015, 18:00 – 20:00
Researching into Nihonbashi through Walking/Artists Talk
Walking Nihonbashi|28th February 2015, 14:30 – 16:00
Artists Talk|28th February 2015, 16:00 – 18:00
Closing Party|14th March 2015, 18:00 – 20:00

 

 

 

2015年1月16日に正式に開館したNICAは、世界水準の実験的なラボラトリーとして、日本橋という東京の中心地からアートとクリエイティビティーを発信していくことを実践していきます。江戸の中心だった日本橋大伝馬町の地下に出来たアートセンターは、CENTRAL TOKYOの新たなランドマークとして、時代を、社会を、創造する新たな感じられ、ときに刺激的に、ときに静かに、実感できる空間となることでしょう。主要メンバーは、新野圭二郎(館長)、岡田智博(企画委員)、嘉藤笑子(企画委員)。

 

AANは、アーティストやキュレーターたちと自発的に始めたNPO活動で、ワークショップ、シンポジウム、展覧会など活動は広域で、教育的なアプローチも熱心に行っています。社会とアートをつなぐ機能を形成していくための実験的な装置を組み立てています。国際的な芸術活動を支援していくためのプラットフォームづくりを行い、さまざまなコンテンツを創造しています。また、国内に限らず海外ネットワークを長期に渡って形成しています。これまでアジアやヨーロッパ、北米で多数のアート・プロジェクトを実践してきました。代表・嘉藤笑子
http://aanet.exblog.jp/21527558/

 

90年代に英国留学したのち、帰国後はアート記事の執筆および翻訳をしながら自主的に国内外の美術展をキュレーションする。2001年から地域を拠点にしたアート・プロジェクトに数多く携わっている。これまで東京・向島、沖縄・那覇市、横浜市、徳島県神山町など地域プロジェクトを多数実施。2005年よりアート・オウトノミー・ネットワーク(AAN)を主宰し現在にいたる。現在、武蔵野美術大学/跡見学園女子大学兼任講師。

 

Art Autonomy Network [AAN]
住所|東京都中央区日本橋大伝馬町13-1, Creative Hub131-6F
Tel&Fax|03-6206-2767 E-mail|info(at)a-a-n.org
主催|Art Autonomy Network[AAN]
協力|NICA: Nihonbashi Institution of Contemporary Arts, N STUDIO,Inc.
後援|カナダ大使館、ブリティッシュ・カウンシル
助成|文化庁平成26年度文化庁優れた現代美術の海外発信促進事業
グレイトブリテン・ササカワ財団

 

“DIALOGUES”
Doubles x 3 parts exhibitions
16th January -14th March 2015

Venue : NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
The International Contemporary Art Exhibition “DIALOGUES” is the three separated exhibitions by six emerging artists who are paired for each exhibition.  By having two artists as a combination, it will encourage and challenge each artist to enhance his/her knowledge and skills to create one original program that will lead to global art scene.  Through out the exhibition, we are having new challenges.
● Each exhibition is a combination program of two domestic and international artists who meet each other for the first time for this exhibition.
● Each exhibition is created based on communications between two artists.
● Each artist create new works to represent “Nihonbashi” through his/her perspective.
● The people who involves in each process create each exhibition.

Part 1:   Friday, 16th Jan- Saturday, 31st Jan 2015,
“Light Town” (Hikari no Machi)
Charlotte McGowan-Griffin (Berlin/London) x Hitoshi Kuriyama (Ibaraki)
16th Jan-31st Jan 2015
What is the light you see in Nihonbashi?  Is it the dim light from Japanese paper screen in Edo era?  Or is it the glittering neon lights in today?  It is not so simple to talk about lights like that, but you make feel the existential lights throughout the ages in the history.
In this exhibition, you will enjoy the collaboration of art works using neon tubes and Japanese traditional paper.
Part 2: Friday, 6th Feb.- Saturday, 21st Feb 2015
“River Town” (Kawa no Machi)
Jon Sasaki (Toronto) x Hiroaki Morita (Tokyo)
6th Feb.-21st Feb 2015
The city of Edo was evolved and known as “river town”.  There are Nihonbashi River and Kamejima River in Nihombashi area, and there are many disappeared rivers such as Sakura River and Shinkawa (river).  Soon after the establishment of the EdoShogunate, the rivers were maintained and used as water transportation where many merchant ships were going by.  Those ships played important role to bring not only the merchandise but also culture and wealth to the area.
Having gone through the traumatic disasters such as earthquake and WWII, the rivers much changed as well as the city.
In the exhibition, two artists will collaborate to search the river and to shoot documentary videos cruising underwater by the self-controlled camera. See what happens……find something historical objects, so on ?
Part 3: Friday, 27th Feb.- Saturday, 14th March 2015
“Bridge Town” (Hashi no Machi)
Sam Stocker (London/Tokyo) x Keisuke Kondo (Tokyo)
The town name “Nihonbashi” is actually derived from the particular “bridge” It is well known that the bridge was a starting point of five major routes (Godaikaido) since Edo era. The bridge has attracted many people and lots of artists depicted the bridge in their art works. It is obvious that the role of bridge, one of the forms of construction, is to connect and combine. And, in fact, it has connected and witnessed many people’s way in its history.

- Exhibitions : 10days each x 3 sessions  / Wednesday thru Saturday (4days)
- Open hours : 11:00 – 18:00 (Opening reception : 18:00 – 20:00 on First Fridays
- Closed on Sunday, Monday, Tuesday
- Admission : 500yen (exhibition ticket valid for all sessions is given)
- Cross talk (artists x curators) : 1,000yen (500yen with exhibition ticket)
l January 17th, February 7th, February 28th (Saturdays from 16:00 to 18:00)
* Grand Opening Party : Friday, January 16, 2015, 18:00 – 21:00

Organisation: Art Autonomy Network[AAN]
Supporters:NICA: Nihonbashi Institution of Contemporary Arts, N STUDIO,Inc.
Sponsorship:Canadian Embassy, British Council, Tokyo
Subsidy: Cultural Affairs of Japan, Great Britain Sasakawa

150116_dialoges_evt03

150116_dialoges_evt02

150116_dialoges_evt01


Authors

Related posts

Top