国際現代写真展 DIALOGUES IV “Distant Affinity゛対話4「遠隔関係」ダナ・フリッツx高田洋三

13133229_1007679962648015_7692838509166517042_n

DIALOGUES IV “Distant Affinity゛対話4「遠隔関係」
国際現代写真展 2016年6月7日(火) - 6月18日(土)
ダナ・フリッツ x 高田洋三

会場:NICA: Nihonbshi Institute of Contemporary Arts

◎展覧会:10日間 6月12日(日)・6月13日(月)を休館
◎住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1 PUBLICUS × Nihonbashi B1F
◎開館時間:11:00‐18:00
◎入場無料

国際現代写真展「DIALOGUES(対話)」は、国内外アーティストふたりを一組とする展覧会シリーズです。このダイアローグ展の特徴は、お互いのアイデアやスキルを活かしながら、各々の既存の作品を見極め尊重し、世界発信に向けたアートシーンを築いていくものです。本展は、写真作品によるダナ・フリッツ(アメリカ)と高田洋三(日本)がタッグを組んで開催します。
ダナ・フリッツは、ネブラスカ大学で写真芸術を教えながら、個人作家として長年にわたり写真制作を行ってきました。また、高田洋三は、2016年2月に札幌大通地下ギャラリー500m美術館賞で「グランプリ」に受賞し、現在、日本における最も注目される現代写真家になります。
本展をきっかけに継続的な写真を通した文化交流が可能となり、国際ネットワークを繋げていきます。


クロス・トーク(参加アーティスト2名xキュレーター嘉藤笑子)

日付|2016年6月11日(土)
時間|16:00-18:00
入場料|1,000円
スペシャルゲスト|

中里和人(写真家・東京造形大学教授)
会場 | NICA(PUBLICUS × Nihonbashi B1F)

日付|2016年6月11日(土)
時間|18:00‐20:00

オープニング・レセプション

日付|2016年6月11日(土)
時間|18:00‐20:00


キュレーター | 嘉藤笑子
主催 | Art Autonomy Network[AAN]
共催 | NICA: Nihonbashi Institution of Contemporary Arts

問い合わせ |
Art Autonomy Network [AAN]
東京都中央区日本橋大伝馬町13-1, Creative Hub131-6F
E-mail:info(at)a-a-n.org


ダナ・フリッツ(ネブラスカ) / Dana Fritz(USA/NEBRASKA)

ダナ・フリッツは、現在ネブラスカ‐リンカーン大学の芸術学部教授。これまで自然環境をテーマに写真作品を制作している。最近では、アメリカ全土やフランス、中国、日本などで60以上の展覧会に出品している。日本では、PlaceM(東京)や豊田市美術館(愛知)の展覧会に参加している。また、アメリカ、フランスの美術館に収蔵されていて、アーティスト・イン・レジデンスにも数多く参加している。
アーティスト詳細>>

高田 洋三(東京) / Yozo Takada(JAPAN/TOKYO)

高田洋三は、ドキュメンタリーでありながら、絵画的であり、どこか非現実的な風景をつくりだす。社会がつくる風景と、そこにつくられる私たちの日常のリアリティを、写真がつくる虚構の世界を通して観察しているような、アイロニーとユーモアを交えた視点をもっている。クラウド・ミュージアム2013(名古屋)、札幌国際芸術祭2014に参加。第4回 札幌500m美術館賞2016 グランプリ受賞。
アーティスト詳細>>


DIALOGUES IV “Distant Affinity゛

Artists:Dana Fritz (Nebraska, USA) x Yozo Takada (Tokyo, Japan)

Date: 7th Tue. – 18st Sat. 2016 (10 days)
Closed on 12th June Sunday, 13th June Monday
Venue: NICA: Nihonbashi Contemporary Arts
Address: PUBLICUS B1 13-1 Odemacho Nihonbashi Chuo-ku, Tokyo
Admission:Free
Open Hours: 7th Feb. 16:00 – 18:00 1,000yen incld. Passport, One drink @ Creative Hub 131 3rd Floor.

The International Photography Exhibition: DIALOGUES IV “Distant Affinity”, is the fourth exhibition of DIALOGUES as the series of contemporary art exhibitions curated by Emiko Kato, Art wAutonomy Network[AAN].
The exhibition is held in NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts in order to provide the opportunity of the international contemporary arts in the central Tokyo.
Dana Fritz (Nebraska, USA) and Yozo Takada (Tokyo, Japan,) the two participating artists, bring their work together to create an exhibition that will engage global ideas about the past, present and future. Fritz and Takada use photography as their creative method and it serves as the main medium for this exhibition.


Cross talk (artists x curator): 11th Fri. 16:00-18:00
Special Guests:
Kazuto Nakazato (Photographer, Professor of Tokyo Zokei University)
Admission:1,000yen

Opening Reception: 18:00-20:00

Curator: Emiko Kato
Organiser:Art Autonomy Network[AAN]
Cooperation: NICA: Nihonbashi Institute of Contemporary Arts
URL: http://nicatokyo.com/

Authors

*

Top