Lecture / 講座 articles

Print

ロンドン芸術大学特別公開コース <Introduction to Interior and Spatial Design>

ロンドン芸術大学特別公開コース <Introduction to Interior and Spatial Design>

ロンドン芸術大学が主催する、デザイン講座を開催します。手描きのドローイングを用いた基本的な空間デザインの考え方からプレゼンテーションテクニックまでを2日間通して学べます。 講師は東北でのサバイバルボートデザインプロジェクトを主催するRobin Jenkinsがつとめます。 最先端のアート、デザイン、建築のスクールを生で受けられる貴重な機会です。定員15名ですので、みなさまぜひ振るってご参加ください! ////////// ロンドン芸術大学特別公開講座 <Introduction to Interior and Spatial Design> ////////// デザイン的思考とプレゼンテーション方法を2日間で体験・習得するコースです。 日時:<< 2日間 >> 2016年4月14・15日(木・金)10:00 – 16:00 場所:NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts 定員:15名 << 申込 >> ※予約はLinkページ内 Add to Basketから行って下さい。 参加費:£159.00(約25,000円)※上記Link内での決済になります。 主催:University of the Arts London

CZxHNI9f

「藝術英語塾2015」受講生を募集しています。

———-『アートを英語で語る』ことを学びませんか。-——— 本講座は、NICA企画委員でありAANのディレクターも務める嘉藤笑子による企画です。 Aコース 「アーティストのプレゼンテーション」 アーティストのモチベーションが全開となる環境を提供していきます。講師陣もしっかりと待機していますので、ぜひ参加してください!英語力、プレゼンテーション力をアップして世界のアート界に進出しましょう。 Art Autonomy Network[AAN]では、秋季講座「藝術英語塾」をアーティストやキュレーター向け(A)「アーティストのプレゼンテーション」と一般教養向け(B)「世界の美術館A world of museums」の2コースを開設します。講師陣は、国際的なアートの現場で活躍するアーティスト、キュレーター、ディレクターです。 (A) アートを通して英語を学び、英語を通してアートを学びます。海外留学やアーティスト・イン・レジデンス(AIR)といった具体的な目標に向けて英語によるポートフォリオの作成とプレゼンテーションによる実践的な学習を実現します。 例えばこんな人に最適なプログラムです ◆アートが好き!英語も学びたい!と思っているひと ◆美術館や世界遺産を訪ねる海外旅行を予定しているひと ◆海外でたくさんアートに触れたいひと ◆海外留学を考えている方or予定しているひと ◆海外のアーティスト・イン・レジデンスに申請を予定or決定しているひと ◆国際展や海外アートフェアを予定or決定しているひと ◆アートを通じて自分を成長させたいひと 【講座日程・料金】 ■Aコース:アーティストのプレゼンテーション Presentation Skills for Artists 日程:2015年11月22日、12月6日、12月20日、 2016年1月16日(土)、1月31日、2月7日、2月21日、3月6日、3月20日 全9回、日曜日を基本とし、1月16日のみ土曜日開催。 各講座13:00-16:00 最終回は、受講生が英語による10分間のプレゼンを行います。 受講料: 32,500円(アーティスト・学生)※一般人も同額で受講が可能です。 定員:12人 《特別割引》リピーターや複数コースを受講する場合は、受講料が20%オフとなります。 ◆会場:NICA Nihonbashi Institute of Contemporary Arts (PUBLICUS地下) Art Autonomy Network[AAN] 〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町13-1-2階 “Creative Hub131”内 E-mail: info@a-a-n.org, URL: http://www.a-a-n.org 文化庁委託事業「平成25年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」 主催:文化庁、Art Autonomy

150804LE

TFQを読む #5 <Question 8: What About Responsibility? Text: Peter Eleey>

NICA企画委員 嘉藤笑子が主催するAANとCAMPの共同開催による、リーディング・プロジェクトの第5回目。前回に引き続き、NICAにて明日開催です。今回からの参加も可能ですので、みなさまこの機会にぜひ振るってご参加ください! ////////// TFQを読む #5 <Question 8: What About Responsibility? Text: Peter Eleey> ////////// ピーター・イーリー「キュレーターの責任って?」を読みます。 日時:2015年8月5日(水)19:30~21:30 ※開場は19:00 場所:NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts 定員:15人(予約制) 参加費:1,000円 共催:Art Autonomy Network[AAN] 【 読む本 】 『Ten Fundamental Questions of Curating』 MOUSSE PUBLISHING, 2013年初版 , 146ページ, ISBN 9788867490530 ※事前に、上記 講義ページを読んで頂くとより楽しくご参加可能です。 ご予約フォーム→ * <『Ten Fundamental Questions of Curating』を読む>について キュレーターってなに? 公共ってなに? アートってなに? コレクションとは? 展覧会ってなに?

150701LE

『Ten Fundamental Questions of Curating』を読む #4

NICA企画委員 嘉藤笑子が主催するAANと、CAMPが、共同開催しているリーディング・プロジェクトの第4回目が、NICAにて開催されます。講師の後藤桜子さんは、長文英語の読解力はもちろんですが、国際的なキュレーションの側面を考える機会を提供してくださいます。今回からの参加も可能ですので、みなさまこの機会にぜひ振るってご参加ください!     ////////// TFQを読む #4 <Question 9: What Is the Process? Text: Adriano Pedrosa> ////////// アドリアーノ・ペドロサ「プロセスってなに?」を読みます。 日時:2015年7月1日(水)19:30~21:30 ※開場は19:00 場所:NICA:Nihonbashi Institute of Contemporary Arts 定員:15人(予約制) 参加費:1,000円 共催:Art Autonomy Network[AAN] 【 読む本 】 『Ten Fundamental Questions of Curating』 MOUSSE PUBLISHING, 2013年初版 , 146ページ, ISBN 9788867490530 ※事前に、上記 講義ページを読んで頂くとより楽しくご参加可能です。 ご予約フォーム→     * <『Ten Fundamental Questions of Curating』を読む>について

140909t

『藝術英語塾』開講のご案内

———-『アートを英語で語る』ことを学びませんか。-——— 英語を必要とするアーティストやキュレーターのためにアートを中心にした内容で実践的に学習していく実力英語講座。コミュニケーションツールとしての英語を徹底的に学び、自らの言葉で作品/プロジェクトについて英語で語れるまで習得していきます。

Top