Exhibition / エキシビション articles

WAAS Invite Front (2mm bleed)

We Are All Stars Exhibition

We Are All Stars Exhibition

Chris Wainwright & Cathy Milliken   NICAで行う展覧会「We Are All Stars」はロンドン芸術大学副学長のクリス・ウェインライトによるカメラのために演出され、創り出された写真作品の展示です。また本企画展はミュージシャン、ディレクター、作曲家でもあるキャシー・ミリケンとのコラボレーションの結果生まれたものであり、彼女の音楽作品も合わせて展示いたします。二人が3年間で、釜石やその他の岩手県沿岸地方で地域コミュニティプロジェクトに参画し、国際的なアーティストを招聘する中で、個人としても共同グループとしても、2011年に起きた地震と津波の余波、そしてこの土地と人々への影響にフォーカスしています。

WAtop_150429

NICA INVITATION 2015 Spring
『GAROROMANCE 2015』~ unevision de cet cho qui résonne en moi ~
『ガロロマンス 2 0 1 5 』 ~ 体の中でずっと鳴る音~

greeting NICA INVITATION ~ 芸術や文化の分野でイノベーティブな活動をするチームやクリエーターをNICAに招待して実施するプロジェクト。 その初回として、福岡と東京で若手作家の発掘と紹介を続ける、キュレーターの鶴田正人ひきいる Wooly Arts による企画を開催します。 アジアレベルでローカル間の文化が多重に広がる厚みのある時代、それぞれの都市で活躍する才能の厚みに光にあてることが重要となっています。 本企画において、佐賀から輩出し九州のコミュニティから育まれた若き才能・田代敏朗と、グローバルにつながる同世代との表現の共創をこの場で対峙することにより、わたしたちはTOKYOだけではみえてこなかった新たな世界の広がりを感じることになるでしょう。 (担当企画委員 岡田智博)  

dia03info_top01

DIALOGUES展 ~ダブルスx3連続国際展~ 第3回展「はしのまち」サム・ストッカー × 近藤恵介

日本橋の地名は、その名のとおり<橋>から来ています。この橋が江戸時代から町の要所として五代街道の起点になっていることは多くの人がご存知でしょう。そして、その存在は人々を魅了し続け、多くの芸術作品に取り上げられてきました。<橋>という構造物が結ぶことや繋ぐことの役割であることは明白です。そして、実際に多くの人々の歩みを歴史のなかで繋いできた存在なのです。 今回は、橋の新解釈ともなる軽やかな建築的な側面と絵画的な側面が、アーティストの作品となって結び繋がることになるでしょう。 The town name “Nihonbashi” is actually derived from the particular “bridge” It is well known that the bridge was a starting point of five major routes (Godaikaido) since Edo era. The bridge has attracted many people and lots of artists depicted the bridge in their art works. It is obvious that the role

150116_dialogesLiLtbm1

DIALOGUES展 ~ダブルスx3連続国際展~

国際現代美術展「DIALOGUES (対話)」は、国内外アーティスト6名による連続3期をふたり展とすることで、お互いのアイデアやスキルを活かしながら従来の作品とは異なる創造的領域を創出し、世界発信に向けたアートシーンを築いていきます。そのなかでは、いくつか新しい試みをしています。

150116_dialogesLiL002

DIALOGUES展 ~ダブルスx3連続国際展~ 第2回展「かわのまち」ジョン・ササキx森田浩彰

日本橋の下には、日本橋川(一級河川)が流れています。江戸幕府の開幕とともに整備された河川は、水運として頻繁に商船が行き交っていました。それらの船は商品だけではなく文化や富をこの地にもたらしたのです。その後、大きな震災や戦災を経て街の変化とともに川の様子も変わってきました。 今回は、アーティストが共同で水中ドローンを実施。水中や川底に歴史の異物が見つかるでしょうか。 The city of Edo was evolved and known as “river town”.  There are Nihonbashi River and Kamejima River in Nihombashi area, and there are many disappeared rivers such as Sakura River and Shinkawa (river).  Soon after the establishment of the EdoShogunate, the rivers were maintained and used as water transportation where many merchant ships were going by.  Those ships played important role to bring not only

150116_dialogesLiL001

DIALOGUES展 ~ダブルスx3連続国際展~ 第1回展「ひかりのまち」 シャーロット・マクグワン=グリフィン × 栗山斉

日本橋に降り注ぐひかりは、江戸時代に町中の日本家屋から仄かにこぼれていた障子のあかりでしょうか。それとも近代になってから繁華街に煌くネオンのあかりでしょうか。そんな風にシンプルに語れるわけではないのですが、時代を超えてひかりはそこにあることを伝えてくれるでしょう。 今回は、それぞれの作家が普遍的に活用しているネオン管と和紙のインスタレーションによる競演をお楽しみください。 What is the light you see in Nihonbashi?  Is it the dim light from Japanese paper screen in Edo era?  Or is it the glittering neon lights in today?  It is not so simple to talk about lights like that, but you make feel the existential lights throughout the ages in the history. In this exhibition, you will

141114-6_ochiai

落合陽一プレビュー展示『魔法の世紀』 / Yoichi OCHIAI – Preview “The Century of Electronic Magic”

展示作品より『アリスの時間』   NICAのプレオープニングの封切を飾る展示として、人間とテクノロジーとの間の反応と関係をこれでもかと追いつける研究開発とその発露によるメディアアート表現で、世界に衝撃を与え続けている落合陽一による作品2点の展示を行ないます。

Top