Emiko Kato articles

d0058440_21224452

「藝術英語塾2017」秋冬講座 受講生募集!

「藝術英語塾2017」秋冬講座 受講生募集!

「藝術英語塾2017」秋冬講座 Art Autonomy Network[AAN]は、「藝術英語塾2017秋冬期」に2つのコースを開催します。講師陣は、国際的なアートの現場で活躍するアーティスト、キュレーター、ディレクターです。 >>aannet   ■Aコース: 『Presentation Skill』 ⇒世界で活躍したいひと(アーティスト/キュレーターなど) 普段から海外のアートシーンに関心をもちながら、正直いって英語に自信のないひと、さらに深いところでアートを語りたい人に向いています。国際アート展、海外留学、アーティスト・イン・レジデンス(AIR)といった具体的な目標に向けて英語の実力アップを目指します。最終回は、英語によるプレゼンテーションを各自で行います。 日程:2017年9月24日、10月8日、10月22日、11月12日、11月26日、12月10日、12月24日、1月14日(全8回、各3時間)13:00-16:00 全て日曜日を基本とする 受講料:29,600円(外税2,368円) 対象:アーティスト、学生、アートに興味あるひとなら誰でも受講可能。 定員:15人 <プログラム> オリエンテーション:ゴール設定/英語力判定/自己紹介から始める。 英語の発想力/クリエイティヴ・シンキングを身に着ける。 バイオグラフィ、ステートメント、ポートフォリオの書き方を実践する。 自分の作品やプロジェクトをしっかり伝える英語を学ぶ。 ホームワークを継続することで英語の総合力をつける。 人前で英語によるプレゼンテーションを実践する (1月14日実施予定)。                   ■Bコース: 『英語deアート基礎講座』 ⇒世界のアートが気になる!を学ぶ。   アートが好きだけど、なかなかハードルが高いと思っている人!英語を学びたいと思いながら英会話教室は続かない、つまらないと思っている人。世界のアートシーンを誰よりも早く知ることで英語がぐんぐん身に付いてきます。社会人として現代アートのことが知りたい、英語を身につけたい欲張りなひとにぴったりです。20世紀美術を中心に「現代美術は、難しくない!」となるまで、用語や作家・作品の基礎から始めます。   日程:2017年10月5日、10月19日、11月9日、11月30日、12月14日(全5回、各2時間)19:30‐21:30 全て木曜日を基本とする。 受講料:¥18,800(外税¥1,504)=¥20,304 対象:アーティスト、社会人、アートに興味あるひとなら誰でも受講可能。 定員:12人   <プログラム> 1.オリエンテーション:英語力判定/自己紹介から始める。 2.アート長文読解(グラマー、イディオム、リーディングの基礎力) 3.アート談義とコミュニケーション(ヒアリング、スピーキングの実践) 4.アートに関するボキャブラリーやヒストリーを学ぶ。 5.Active Learning: ワークショップやミニゲームを体験する。 6. 世界のアートトシーンを読み解く(ホームワークほか)。   【こんな人に最適なプログラムです】 ◆アートが好き!英語も学びたい!と思っているひと ◆海外でたくさんアートに触れたいひと ◆海外留学を考えている方or予定しているひと ◆海外のアーティスト・イン・レジデンスに申請を予定or決定しているひと ◆国際展や海外アートフェアを予定or決定しているひと

13133229_1007679962648015_7692838509166517042_n

国際現代写真展 DIALOGUES IV “Distant Affinity゛対話4「遠隔関係」ダナ・フリッツx高田洋三

Information DIALOGUES IV “Distant Affinity゛対話4「遠隔関係」 国際現代写真展 2016年6月7日(火) - 6月18日(土) ダナ・フリッツ x 高田洋三 会場:NICA: Nihonbshi Institute of Contemporary Arts ◎展覧会:10日間 6月12日(日)・6月13日(月)を休館 ◎住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1 PUBLICUS × Nihonbashi B1F ◎開館時間:11:00‐18:00 ◎入場無料

150415D_d0058440_18503012

第3回:Dialogue展「はしのまち」レビュー

 NICA(Nihonbashi Institute of Contemporary Arts)で開催されている第3回「DIALOGUES展~ダブルス×3連続国際展~」は、「はしのまち」(2015年2月27日~3月14日)をテーマに、サム・ストッカー(ロンドン・イギリス/東京・日本)と近藤恵介(東京・日本)による展示が、キュレーター嘉藤笑子によって開催されました。

150129kr_top

第1回:Dialogue展「ひかりのまち」レビュー

 NICA(Nihonbashi Institute of Contemporary Arts)が2015年1月16日(金)にグランド・オープンし、国外で活動するアーティストと国内で活動するアーティストが1人ずつ「ダブルス」というかたちをとって展示を行うDialogue展(キュレーター:嘉藤笑子)が3回シリーズで行われています。第1回展は「ひかりのまち」をテーマに、シャーロット・マクグワン-グリフィン(ロンドン/ベルリン)と栗山斉(茨城)による展示が行われています。

141224_k

「なじょも十日町by AAキッチン – なじょもクリスマス」AAキッチン / CreativeHub131

「なじょも十日町by AAキッチン(特別バージョンよ!) ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦なじょもクリスマス」 新潟十日町よりおいしいもち米と野菜と妻有ポークなど盛りだくさんな食材で盛り上がりましょう♪ 餅つき、お菓子のクリスマスタワー、サンタのプレゼントなどなど、イベントもりだくさんですよ~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

141217_k

キューバナイト5「南国のクリスマス」AAN/ CreativeHub131

あたたかいクリスマス。 アイスを食べる。 雪は見たことがない。 いつもにも増してお休みモード。 赤い服を着た人が目立つ。 でも、たぶん意識してない。 プレゼントはない。 無論、暖炉もない。 靴下は下がらない。 外人と話す恰好の話題を得る日。 FELIZ NAVIDADメールが殺到。 その処理に追われる。 そしてお隣りさんがこっちに向かって叫ぶ。 「FILIZ NAVIDAAAAAAAD!」

Top