Blog / メンバーブログ articles

d0058440_21224452

「藝術英語塾2017」秋冬講座 受講生募集!

「藝術英語塾2017」秋冬講座 受講生募集!

「藝術英語塾2017」秋冬講座 Art Autonomy Network[AAN]は、「藝術英語塾2017秋冬期」に2つのコースを開催します。講師陣は、国際的なアートの現場で活躍するアーティスト、キュレーター、ディレクターです。 >>aannet   ■Aコース: 『Presentation Skill』 ⇒世界で活躍したいひと(アーティスト/キュレーターなど) 普段から海外のアートシーンに関心をもちながら、正直いって英語に自信のないひと、さらに深いところでアートを語りたい人に向いています。国際アート展、海外留学、アーティスト・イン・レジデンス(AIR)といった具体的な目標に向けて英語の実力アップを目指します。最終回は、英語によるプレゼンテーションを各自で行います。 日程:2017年9月24日、10月8日、10月22日、11月12日、11月26日、12月10日、12月24日、1月14日(全8回、各3時間)13:00-16:00 全て日曜日を基本とする 受講料:29,600円(外税2,368円) 対象:アーティスト、学生、アートに興味あるひとなら誰でも受講可能。 定員:15人 <プログラム> オリエンテーション:ゴール設定/英語力判定/自己紹介から始める。 英語の発想力/クリエイティヴ・シンキングを身に着ける。 バイオグラフィ、ステートメント、ポートフォリオの書き方を実践する。 自分の作品やプロジェクトをしっかり伝える英語を学ぶ。 ホームワークを継続することで英語の総合力をつける。 人前で英語によるプレゼンテーションを実践する (1月14日実施予定)。                   ■Bコース: 『英語deアート基礎講座』 ⇒世界のアートが気になる!を学ぶ。   アートが好きだけど、なかなかハードルが高いと思っている人!英語を学びたいと思いながら英会話教室は続かない、つまらないと思っている人。世界のアートシーンを誰よりも早く知ることで英語がぐんぐん身に付いてきます。社会人として現代アートのことが知りたい、英語を身につけたい欲張りなひとにぴったりです。20世紀美術を中心に「現代美術は、難しくない!」となるまで、用語や作家・作品の基礎から始めます。   日程:2017年10月5日、10月19日、11月9日、11月30日、12月14日(全5回、各2時間)19:30‐21:30 全て木曜日を基本とする。 受講料:¥18,800(外税¥1,504)=¥20,304 対象:アーティスト、社会人、アートに興味あるひとなら誰でも受講可能。 定員:12人   <プログラム> 1.オリエンテーション:英語力判定/自己紹介から始める。 2.アート長文読解(グラマー、イディオム、リーディングの基礎力) 3.アート談義とコミュニケーション(ヒアリング、スピーキングの実践) 4.アートに関するボキャブラリーやヒストリーを学ぶ。 5.Active Learning: ワークショップやミニゲームを体験する。 6. 世界のアートトシーンを読み解く(ホームワークほか)。   【こんな人に最適なプログラムです】 ◆アートが好き!英語も学びたい!と思っているひと ◆海外でたくさんアートに触れたいひと ◆海外留学を考えている方or予定しているひと ◆海外のアーティスト・イン・レジデンスに申請を予定or決定しているひと ◆国際展や海外アートフェアを予定or決定しているひと

13133229_1007679962648015_7692838509166517042_n

国際現代写真展 DIALOGUES IV “Distant Affinity゛対話4「遠隔関係」ダナ・フリッツx高田洋三

Information DIALOGUES IV “Distant Affinity゛対話4「遠隔関係」 国際現代写真展 2016年6月7日(火) - 6月18日(土) ダナ・フリッツ x 高田洋三 会場:NICA: Nihonbshi Institute of Contemporary Arts ◎展覧会:10日間 6月12日(日)・6月13日(月)を休館 ◎住所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1 PUBLICUS × Nihonbashi B1F ◎開館時間:11:00‐18:00 ◎入場無料

WAAS Invite Front (2mm bleed)

We Are All Stars Exhibition

Chris Wainwright & Cathy Milliken   NICAで行う展覧会「We Are All Stars」はロンドン芸術大学副学長のクリス・ウェインライトによるカメラのために演出され、創り出された写真作品の展示です。また本企画展はミュージシャン、ディレクター、作曲家でもあるキャシー・ミリケンとのコラボレーションの結果生まれたものであり、彼女の音楽作品も合わせて展示いたします。二人が3年間で、釜石やその他の岩手県沿岸地方で地域コミュニティプロジェクトに参画し、国際的なアーティストを招聘する中で、個人としても共同グループとしても、2011年に起きた地震と津波の余波、そしてこの土地と人々への影響にフォーカスしています。

rectangle_large_ef72f9b728afd6a1b8e53ee35455fa2c-1

アムステルダム市民選「夜の市長」の話を聞こう!

新しい社会へのアイディアと実践が常に生まれている、アムステルダムから次の時代のクリエイティブシティをつくる「夜の市長」が来日。それにあわせて、参考になるべき方に会っていただきたいということで、岡田智博企画委員が、夜の特別レクチャーを必要としている街、横浜にて開催します。 アムステルダム市民選「夜の市長」の話を聞こう! 詳しくはこちら<<<

tosenN151031_t

G R E E T I N G | 中村 土川 作品展

    NICA LOCAL〜ローカル(地域)のパブリックを担っていく   NICAでは、’世界から見たローカル日本’という視点で、西洋の美術文脈では捉えにくい日本ローカルで、コンテンポラリーな企画を行っていきます。 その展覧会として中村土川作品展を開催します。本企画の中村土川は、1949年東京都生まれ。多摩美術大学で染色を学び、芹沢銈介の弟子古田重郎と日本橋出身の美術家神谷清和に師事しました。現在は、長野県伊那市高遠町にアトリエ兼住居を構える中村は、深い自然環境の中で制作をするうちに「昔から自然への憧れが強かったが、今では自分も自然の一部と感じる」とその自然観を語ります。

150415D_d0058440_18503012

第3回:Dialogue展「はしのまち」レビュー

 NICA(Nihonbashi Institute of Contemporary Arts)で開催されている第3回「DIALOGUES展~ダブルス×3連続国際展~」は、「はしのまち」(2015年2月27日~3月14日)をテーマに、サム・ストッカー(ロンドン・イギリス/東京・日本)と近藤恵介(東京・日本)による展示が、キュレーター嘉藤笑子によって開催されました。

150129kr_top

第1回:Dialogue展「ひかりのまち」レビュー

 NICA(Nihonbashi Institute of Contemporary Arts)が2015年1月16日(金)にグランド・オープンし、国外で活動するアーティストと国内で活動するアーティストが1人ずつ「ダブルス」というかたちをとって展示を行うDialogue展(キュレーター:嘉藤笑子)が3回シリーズで行われています。第1回展は「ひかりのまち」をテーマに、シャーロット・マクグワン-グリフィン(ロンドン/ベルリン)と栗山斉(茨城)による展示が行われています。

Top