News / ニュース articles

d0058440_21224452

「藝術英語塾2017」秋冬講座 受講生募集!

「藝術英語塾2017」秋冬講座 受講生募集!

「藝術英語塾2017」秋冬講座 Art Autonomy Network[AAN]は、「藝術英語塾2017秋冬期」に2つのコースを開催します。講師陣は、国際的なアートの現場で活躍するアーティスト、キュレーター、ディレクターです。 >>aannet   ■Aコース: 『Presentation Skill』 ⇒世界で活躍したいひと(アーティスト/キュレーターなど) 普段から海外のアートシーンに関心をもちながら、正直いって英語に自信のないひと、さらに深いところでアートを語りたい人に向いています。国際アート展、海外留学、アーティスト・イン・レジデンス(AIR)といった具体的な目標に向けて英語の実力アップを目指します。最終回は、英語によるプレゼンテーションを各自で行います。 日程:2017年9月24日、10月8日、10月22日、11月12日、11月26日、12月10日、12月24日、1月14日(全8回、各3時間)13:00-16:00 全て日曜日を基本とする 受講料:29,600円(外税2,368円) 対象:アーティスト、学生、アートに興味あるひとなら誰でも受講可能。 定員:15人 <プログラム> オリエンテーション:ゴール設定/英語力判定/自己紹介から始める。 英語の発想力/クリエイティヴ・シンキングを身に着ける。 バイオグラフィ、ステートメント、ポートフォリオの書き方を実践する。 自分の作品やプロジェクトをしっかり伝える英語を学ぶ。 ホームワークを継続することで英語の総合力をつける。 人前で英語によるプレゼンテーションを実践する (1月14日実施予定)。                   ■Bコース: 『英語deアート基礎講座』 ⇒世界のアートが気になる!を学ぶ。   アートが好きだけど、なかなかハードルが高いと思っている人!英語を学びたいと思いながら英会話教室は続かない、つまらないと思っている人。世界のアートシーンを誰よりも早く知ることで英語がぐんぐん身に付いてきます。社会人として現代アートのことが知りたい、英語を身につけたい欲張りなひとにぴったりです。20世紀美術を中心に「現代美術は、難しくない!」となるまで、用語や作家・作品の基礎から始めます。   日程:2017年10月5日、10月19日、11月9日、11月30日、12月14日(全5回、各2時間)19:30‐21:30 全て木曜日を基本とする。 受講料:¥18,800(外税¥1,504)=¥20,304 対象:アーティスト、社会人、アートに興味あるひとなら誰でも受講可能。 定員:12人   <プログラム> 1.オリエンテーション:英語力判定/自己紹介から始める。 2.アート長文読解(グラマー、イディオム、リーディングの基礎力) 3.アート談義とコミュニケーション(ヒアリング、スピーキングの実践) 4.アートに関するボキャブラリーやヒストリーを学ぶ。 5.Active Learning: ワークショップやミニゲームを体験する。 6. 世界のアートトシーンを読み解く(ホームワークほか)。   【こんな人に最適なプログラムです】 ◆アートが好き!英語も学びたい!と思っているひと ◆海外でたくさんアートに触れたいひと ◆海外留学を考えている方or予定しているひと ◆海外のアーティスト・イン・レジデンスに申請を予定or決定しているひと ◆国際展や海外アートフェアを予定or決定しているひと

IMG_8602

【開催間近!】4月14・15日:ロンドン芸術大学特別公開コース

ロンドン芸術大学が主催する、デザイン講座の開催が間近となっています。 教材もロンドンから到着し、講師・スタッフ陣も準備万端です。 本格的なデザイン教育を日本で受講できる貴重な機会です。みなさま振るってご参加下さい! 詳細、お申込みは以下リンク http://nicatokyo.com/program/4409/

3

作品設営 | We Are All Stars Exhibition

明日4/4にオープンの「We Are All Stars Exhibition」の設置作業を行っています。クリス・ウェインライトによる大小の写真作品とキャシー・ミリケンによる音楽作品によって展示空間を構成していきます。 http://nicatokyo.com/information/4391/   E X H I B I T I O N We Are All Stars Exhibition  |  Chris Wainwright & Cathy Milliken 会 期 | 4 / 4 (月) – 4 / 1 4 (木) 1 0 : 0 0 ~ 1 8 : 0 0 オープニングレセプション | 4 / 5 (火) 1 8 :

12186270_10153614409950090_117835969942479895_o

ボストン在住アーティストAlice Vogler&Vela Phelanを囲んで

アメリカ・ボストンを拠点に活動しているパフォーマンス・アーティスト、キュレーター、プロデューサーのAlice VoglerとVela Phelanの日本初来日に合わせ、お2人を囲んだトーク・交流会&パフォーマンスを開催します。 AliceとVelaはパフォーマンス・アーティストとして全米各地、南米など多くのパフォーマンスアート・フェスティバル/プロジェクトへ参画。拠点としているボストンでは、多岐にわたり、MEME Gallery (2009-2011)など、オルタナティブなアートプロジェクト/作品のキュレーションをするスペースを設けるなど、ボストンのアートシーンに欠かせない二人です。

tosenN151031_t

G R E E T I N G | 中村 土川 作品展

    NICA LOCAL〜ローカル(地域)のパブリックを担っていく   NICAでは、’世界から見たローカル日本’という視点で、西洋の美術文脈では捉えにくい日本ローカルで、コンテンポラリーな企画を行っていきます。 その展覧会として中村土川作品展を開催します。本企画の中村土川は、1949年東京都生まれ。多摩美術大学で染色を学び、芹沢銈介の弟子古田重郎と日本橋出身の美術家神谷清和に師事しました。現在は、長野県伊那市高遠町にアトリエ兼住居を構える中村は、深い自然環境の中で制作をするうちに「昔から自然への憧れが強かったが、今では自分も自然の一部と感じる」とその自然観を語ります。

tosenN151030_t

搬入初日 | 中村 土川 作品展

明後日に初日を迎える「中村 土川 作品展」の搬入が始まりました。展示に合わせNICAも壁をマットな白色に、ライトも装い新たに準備万端。山奥に棲み自然の時の流れのなかで目にした様々な事象、日々の心のかけら、時の流れ、中村土川氏の墨の世界が立ち現れていきます。     E X H I B I T I O N 中 村 土 川 作 品 展  |  T o s e n N A K A M U R A 会 期 | 1 0 / 3 1 (土) – 1 1 / 7 (土) 1 1 : 0 0 ~ 1 9 : 0 0

logo3-935x395

第2回「くされ市」開催 !

館長の新野圭二郎がフルスイングでプロデュース協力にあたった、NICAのある街・大伝馬町の「古くて新しい」お祭り「くされ市」の復興第2回目が開催されました。 旦那衆と移民たちが一緒になってつくる穏やか賑わい、ここを契機に、日本橋を気持ちよくに盛り上げる動きが、また一段階高まって来ています。 《路上封鎖!日本橋くされ市 日本橋ブロックマーケット》 公式ホームページ→ Facebook ページ→

AS20150603004993_comm

掲載情報:Engadget例大祭「市原えつこのさわやか秘宝館」- 朝日新聞デジタル

3331で開催された、Engadget 例大祭のメディアアート展示で企画委員の 岡田智博 Tomohiro Okada がキュレーション制作した「市原えつこのさわやか秘宝館」が朝日新聞に掲載されました。 それも、あの「佳子さま、宮中晩餐会に初出席」写真集とならび、朝日新聞デジタルの当該日に最も読まれている記事になりました。 他のメディアでも数多く掲載、それぞれの記者が「妄想」を膨らましております。 朝日新聞デジタル「セクハラ事案生成ロボ「ペッパイちゃん」 笑いと罪悪感」2015/06/04 →

Top